無防備無線LAN

2007年02月08日 公開

携帯型ゲーム機を持って街に行き、無線LANの状況を数えてみた人がいる。それって、ちょっと面白いぢゃん。うちも、つい先日から無線LANにしてみたのだけれども、有線よりも遅いとはいえそこそこのスピードなので、取り敢えず満足してみた。けど、ちょっと気になることが。セキュリティだ。

2種類のロックのうちどちらかを、ということになっていて、「これ憶えてられるかな?」というパスワードをかけてロックした。ノートたちを無線ネットワークに参加させようとすると、いちいちそのパスワードを入力しなければならなかったが、パソコンが憶えておいてくれるらしいので、まぁ、いいか。

これってロックしないと、家の外に駐めた見知らぬ車から勝手にアクセスされちゃうってコトですよねぇ? ……なんていう冗談を、数年前に無線LANにした某写真事務所でしていたのを思い出した。パソコンの電源が入っていなかったりLANから切り離されていれば全然カンケーないけれども、ベースステーションってあまり電源切らないので、インターネットにアクセスはできちゃう可能性があるということだ。そして、そこから悪い送信とかして逃げちゃうことだって、考えようによっては可能だ。

うちでは、データはちょっとでも盗まれるとたいへん困る。流出させちゃうわけにもいかないし、勝手に改竄など操作されても困るわけなのだ。だから、憶えきれないかもしれないけれども、パスワードで守る。

そこで、携帯型ゲーム機を持って街に行き、無線LANの状況を数えてみた人だ。家庭やオフィスなんかでずいぶんと活用されてきているようで、いろいろな目に見えない無線状況が見える。そして、ロックなんかしてないLANも存在することがよくわかる。


画像はDPZのページから拝借しています

もちろん、一般公衆に対して解放しているネットワークもある。LANに入れなくても、インターネット接続だけできたりする設定だってあるのだし。ホテルのロビーなども、そういう方式で利用客に対してインターネット接続の便宜を図っていたりする。うちのクライアントの旅館も、小規模旅館なので部屋にLANを引っ張りまわすも無線で提供しますからコンピュータは用意しておいてください式にしようとしている。そーゆーモノを悪用しませんように。

でも、その記事を見るに、フツーの住宅街でもロックしていないLANを拾っているようだ。無線LAN対応カードを装着して団地にでかければ、インターネット接続の契約をしなくても接続だけはできるということだ。少なくとも。

それって、すごくね? 個人情報が何だのかんだのと大騒ぎする割には、いろいろなネットショップに住所氏名電話番号カード番号を登録しまくり、無線LANはこの有様だ!! 世の中、難しいですな。

.