清華軒で昼食を

2008年03月23日 公開

つい先日行ったばかりの清華軒に行ってみた。散歩日和だったのだ。

前回は塩ラーメン(細麺)がおいしかったので、違うモノを食べてみようと、セオリー通りに「チャーシュー麺(手打ち麺)」をいただくことにしました。ホントは、細麺が好みなのですが、どうしてみんな太麺な50円増しの手打ち麺を選択するのか確かめてみたかったのです。

チャーシュー麺手打ち麺の炒飯セット

他人のブログなどで写真を拝見したこともあったので、この様子は知っていました。また、前回も炒飯セットをいただきましたので、炒飯と野菜サラダと漬物が付いてくることも知っていました。

では、チャーシュー麺をいただきまーす!!

手打ちチャーシュー麺

枚数あるチャーシューの厚みはほどよく厚く、麺は太め。のんびり眺めてないで、いただきましょう。

麺はツルっとしていて喉ごし良く、うまいです。世の中の太麺がみんなこんな感じだったらいいのになー、と思いました。この頃は何でもモッチリしていれば誰もが褒めるせいか、不必要なほどのモチモチ麺に遭遇するとゲンナリします。パンか? ピザか? もしかして餅なのか!?というほどのモチモチ感は不要だというヒトは、これはかなり口に合うことと思います。

かといってだらしない訳ではなく、応分の歯ごたえがあります。こーゆー、キレがある麺ってなかなか無いかもしれません。そして、そーゆーキレがある麺って、細麺でよく遭遇するのです。個人的な感想ですけど。

これなら、みんなが手打ちの太麺をオーダーする感覚もよく理解できます。だって、うまいもの。

清華軒

清華軒
.