ソルトミル:PEUGEOT Tabora プジョー タボーラ

2008年04月22日 公開

peugeot tabora (clear)

ネズミーマウスのシルエットのような特徴を持つ、プジョータボーラ。よくあるソルトミルと比較すると、かなり目立ちます。こうなっているから特に回しやすい、ということもなさそうですけれども、店頭ではパッと目に入りました。色もいろいろありますし(岩塩は付属しません)。

それにしても、いちいちプジョーのロゴが入っているあたり、製品に対する自信を感じます。っていうか、自動車や自転車などのプジョー印は後足で立ち上がってますが、キッチン用品のプジョー印は四足付いてるんですね。この辺の違いとか関係性とかを具体的に説明できれば、きっとそのヒトはフランス通を名乗ることができるでしょう。だれかこっそりと教えてください。

フランセだからとか、プジョーだからとかいうよりも、今まで使っていたソルトミルと比べて、臼歯がしっかりしていそうだというところが大きな購入動機でした。たぶん。このステンレス歯は、岩塩が補給される限り切れ目無く挽けそうなんです(わざわざ分解して写真撮影しませんでしたが)。

最近まで使っていたソルトミルの樹脂歯が見事にすり減っているのを見ると、その減った歯はどこへ? と思わざるを得ません。いや、解ってます。ちょっとづつ食べちゃったんですよ、樹脂歯。どうせ食べちゃうなら樹脂よりもステンレス? ……いや、どっちもどっちなんですけれども、どうなんでしょう。

臼歯

臼歯は錆びにくいステンレス製で、すり減りも樹脂製に比べたらかなり具合が良さそうです。ためしに、挽いてみますか。岩塩でも。

挽いてみた

歯が擦れ擦れなミルとの挽き比べなので、一目瞭然です。あらためてこのようにして見てみると……岩塩の塊を食べてたようです。知ってたけどこりゃ酷い。しかし、ソルトミルを新調したことで、また気持ちよく岩塩が挽けるようになりました。こりゃ、いいや。長く使えそうです。

高崎市内の百貨店で、3675円でした。

.