いくらはロシア語でИКРА

2008年09月29日 公開

イクラはロシア語で丸々した小さい粒々という意味から「魚卵」という意味でよく使われることは、この頃のニッポン人ならわりと知っていることと思います。そしてИКРАと書き、英語的アルファベットに直すとIKRAということだ。まさにイクラなのだ。オクラが元々OKRAという名前だったことよりも驚きは少ないけれども、モノの名前って外来語が由来のものが多いかもしれません。

いくら

ロシア語でイクラ以外の魚卵も、一般名詞としてИКРА(イクラと呼ぶのでしょうから、キャビアだろうがタラコだろうがカズノコだろうがトビッコだろうが、何でもイクラで、とくに鮭の卵──すなわちニッポン語で言うところのイクラは赤いイクラと呼ばれているそうです。ロシアの観光ガイドがそう言ってたように思います。

ロシアではこんなのも。ニッポンでは、クラッカーの上にイクラは時々見かけますが、パンにイクラって言ったらちょっと厭な顔されそうです。

リンク先では、もっとかわいいイクラバリエーションもご覧いただけます。

【リンク】Otvali.ru

.