だるま殺人事件

2008年12月11日 公開

高崎は、高崎だるまの産地として全国的に知られているのかもしれません。全国的に高崎だるまを出荷するとなると、年末のこの時期は、みなさん死にそうになりながらだるまを製造しているのかもしれません。

だるま屋の前

死にそうと言っても、血を流し吐きながらということは無いと思いますが、縁起物のだるまは朱赤に塗られるものがほとんどですね。そしてその塗料は、塗ったら乾かさねばならないわけですけれども、長年にわたってちょっとづつ塗料が垂れると、こんな具合になってしまうのですね!! 殺人事件と言うよりは、殺戮とか、そういう感じになっちゃってますけど。

この朱赤が、日本全国から世界各国の縁起をかついでいるのかと思うと、感慨深いモノがあります。

ところで、産地によって、だるまの顔の流儀があるようですが、高崎だるまの顔はかなり整っていて好きですね。鶴亀松竹梅が表されてるって、知ってました? ホント、縁起を担ぐのってたいへんそうです。フォトPでは違うモノを担いでる可能性がありますが。

ちなみに、だるまの目の入れ方について悩むヒトが多いようですが、究極的には別にどっちでもいいのではないかと思います。ただ、他人と違うことをたいへん気にしすぎ、他人と同じのがいいのだというヒトは、左目(向かって右の目)を先に入れるのがいいでしょう。でも、そんなのキモチの問題ですから!! 違う目から入れたら御利益が無いとか、そんなことは全然ありません。

林檎殺人事件って歌があったような気がしましたが、結局あれは何だったのでしょうか。純粋に歌謡曲だったのでしょうか。それとも、何か映画とかテレビの関係だったのでしょうか。まだコドモだったので様子がわかりませんけれども。

.