おやつ浪漫 マンゴー

2009年03月28日 公開

行き慣れないスーパーマーケットのアイスクリーム庫に、見慣れぬ形の見慣れぬおやつが積まれていた──おやつ浪漫と書いてある。薄っぺたい氷菓のようだ。1箇¥198。4个で¥792。税別だったかな?

おやつ浪漫

写真を撮る時になって、1種類だけ「おやつ浪漫」じゃないことに気づいたよっ!!

冷たいモノをとても食べたいとか、そういう気分だから買ったわけではなくて、こんなコトが書かれているコトに気づいちゃったのだ。

こんにゃく粉と寒天を使用した
体にやさしいデザートアイス

ほぉ、蒟蒻と寒天が使われているということはわかったけど、どこがどう体にやさしいのか、食べてみよう。

延べ板をカット

袋を開けると、延べ板を短冊状にカットしました的な形状のモノが出てきた。四角い!! この四角い中身だけ見たら、チーズ? とか思っちゃう。すでに霜だらけなのは別だけど。

口の中に入れてみると、まず冷たい。当たり前だけど。

それから、霜が邪魔しているけれども、わりとなめらかな物体でした。蒟蒻とか寒天とか書いてあるので、もっとブリンブリンでブルンブルンなモノを想像していましたけれども、歯で噛むと硬くもなく、やわらかくもなく、ゆっくりと噛まれてゆき、口の中でゆっくり溶けてゆく。

味は、可もなく不可もなく。原材料名が

マンゴー果汁、砂糖、粉乳、トレハロース、寒天、こんにゃく粉、ゲル化剤(増粘多糖類)

こうなっているので、このマンゴーの香りはマンゴー由来のもの? ちょっとシンジラレナイ感じがしますけれども、香料って書いていないところを見ると、マンゴー果汁のものなのでしょう。

まぁ、群馬の企業は狡っ辛いので、全然コーヒーなんか使っていない「炭焼きコーヒー味」の菓子に疑問を持って製造工場をよーく見ると「炭焼きコーヒー」っていう名前の缶飲料が大量に積まれていたりするそうですから。この缶飲料が混ぜてあれば、味も原材料も間違えなく炭焼きコーヒーですよね!! って知識があると──「マンゴー果汁」っていう名前の香料を使っているかもしれないよなー、なんて、本気とも冗談ともなく思ってしまいます。つらい時代だ。

まぁ、マンゴー果汁でも、マンゴー香料でもどちらでもいいのですが、このプレミアム感が足りない四角いモノを¥198は高くないかな。ハーゲンダッツが高いと言っても、あの量であの値段であのブランド力ですよ。こちらおやつ浪漫は公称76mlで¥198ですよ。本気で売ろうと考えているならば、価格を見直さなければなりませんね。約3.5×14×1cmの四角い塊。

他の3種類については、また後日。今日は寒くて、冷たいモノはそんなに食べたくない。

ちなみに、この商品も、製造者も、今のところウェブサイトは見つけられません。見てわかるのは、住宅屋で、派手で過剰なモデルハウスがある、ということ。そして、その関連会社として材料や設備の卸し会社であるということ。そして、何を思ったのか、食品事業部を起ち上げて、こんなものを製造販売してみてるのだろうということ。

謎だ。売る気があるのかどうかも、よくわからん。

.