第3回和山忠吉作業場公開展

2009年04月27日 公開

雫石の木工家、和山忠吉さんの展示は、日本全国で開催されますけれども、群馬には年1回くらい。なかなかお会いできない訳なので、こちらから出かけてみよう!! とか思っておりましたら、作業場展のご案内を頂戴いたしました。

第3回作業場展DM

作業場公開展

  • 2009年5月3日~6日
  • 10:00 ~ 17:00

モノ作りに対して非常によく考えていて、その姿勢は歓迎すべきモノですが、その考えがしっかり染みこんだ家具類は、使わないうちから愛着がわきそうな感じがします。また、そのデザイン性は福田繁雄さん仕込みとか聞いた気がしますが、師匠が誰であれ、シャープでソフトで、しっとりとグッとくるデザインに好感が持てます。

まるで頭がおかしいモノの言い方ですが、両面性があるのでしょうね。きっと。

仕上げは、着色することはあまりなく、オイルフィニッシュかオスモカラー。なるべく天然由来のものにこだわって、接着剤も膠。当たり前と言えば当たり前ですが、その当たり前のことをさも何でもないようにするのって、タイヘンなことでしょう。

都内のとあるロケ地にて、忠吉さんのネマールを発見したときには、ちょっと驚いた。ネマールに座って、休む。

驚いたと言えば、こちらは群馬、あちらは岩手なのに、初めて遭遇したのが沖縄でした。ヘンな縁ですね。

おりつめ木工 和山忠吉

【リンク】

【追記】
5月2日には、作業場前の山桜が満開とのことです。東北はゴールデンウィークにお花見なんですねー。

.