実物大SCOPEDOGを赤レンガ倉庫前で眺めるパノラマVR

2009年10月16日 公開

個人的にファンな鉄のヒトkogoro氏の代表作、1/1スコープドッグが10月16日から18日までの期間、赤レンガ前で見られるっつーじゃないですか。ご本人のブログにも設置しに行ってきたことが書かれ、興味がわいてくる。一度は見てみたかったんだ。この実物大の実物。

午后、仕事の切れ目を勝手に区切りにして行ってきました! 横浜まで。

あ、夜とかいい写真とれたら、くださいな。

赤レンガ上陸作戦。 [なんでも作るよ。]

それって、呼ばれました? まさかフォトピエールを呼んだわけじゃないよねぇ? 夜景の写真ならまかせてよ!

赤レンガ倉庫前

それにしても、暗すぎだぜ! 何の照明もされず、ちょっとかわいそうですが、真っ暗闇に立っているように見えたのは、完全に目の錯覚だったみたいです。……っつっても、暗いものは暗い。

ちなみに、フツーに正面の写真を撮るヒトはたくさんおられると思いましたので、360°くるくる写真パノラマVRムービーを制作してみました。急ごしらえなので、歩いてきて立ち止まってまた歩き去ったヒトが亡霊のように陰だけ残ったりしていますが、気が向いたらそのうち修正します。

それから、スコープドッグの廻りにトラスが組まれシートがかけられており、まぁそれはそれである意味仕方がないぜ、とか思うわけですが、日が暮れてから何やら作業を始めたヒトがいた。邪魔ぁー。でも、暗くて効率が悪い時間帯にわざわざ開始したわけで、何か緊急の理由があってのことでしょう。こっちだって仕事で撮りに行ってるわけではないので、そんな作業も「込み」で撮っておきました。

写真撮影を前提ででかけているため装備がやや大袈裟なので「関係者の方ですか?」とか質問されましたが、撮影に神経を向けているので突き放すような受け答えですみませんでした。でも、暗い所で真剣に写真を撮影している時は他のことが上手にできないのです。すみません。

たまたま近くにいたkogoroフリークのヒトが、まるで自分のコトか、自分の息子のコトのようにすらすら説明してくれたのには助かりました。近くにいた他のヒトは「ご本人降臨か!」と思って話を聞いていたヒトもおられたようですが、別人ですよ。あの人。親しいお友達かもしれませんが。

撮影風景

このページの写真にも、くるくる写真にも見えませんが、実際には流れ星が撮れていました。オリオン座流星群のピークは19日から23日とのことです。朝から夜まで快晴だったので、ホントに星がたくさん見えていい日でした。

よっぽど真っ暗に見えたのは、じつはその隣で開催中のオクトーバーフェストのせいだったようです。

オクトーバーフェスト

ビールでも飲んでくるべぇと思って電車ででかけましたが、あまりにもヒトが多すぎてやめた。ヒトがいっぱいガヤガヤいるのはちょっと苦手。フツーのニッポンのビヤガーデンすら苦手なんだから。

あと、テレビか映画か、そんなような撮影隊がいました。それと、写真教室「夜景を撮ろう!」の実習みたいな人だかりもありました。

夜景を撮ろう、の実習?

都会はいろんなヒトがいっぱいいますなー。こんなにいっぱいのニンゲンをまとめて見る機会も少ないモノで。

【リンク】

.