献血は愛です —— Love in Action

2009年12月16日 公開

ここのところ、ボランティアの在り方が変わってきたように思う。未だにプルトップだのペットボトルキャップだの、

  • やってるヒトがちまちまと楽しいだけで
  • 相手のことを全く考えないモノも

脈々と続いている中、痛みを伴うけれどもすぐに、でも継続的に必要なものもある。

例えば、献血。

kenketsuwa-aidesu500o.png

献血が愛なのかどうかということはさっぱりわかりませんけれども、世の中としては必要なヒトも多くいることでしょう。

高校生時代に、同級生や先輩などに「趣味:献血」なヒトがいたけれども、現在でもそのような高校生はいるのでしょうか。っていうか、彼らは今でも献血を趣味としているのだろうか? 献血を趣味にしろ、とは言わないモノの慢性的に血液が不足気味であるという話は、「それって都市伝説なんじゃないの?」というくらい語り続けられている。

血液の配送方法などについて疑問はあるものの、献血は現代医療には欠かせないモノなので、健康ならば献血するというボランティアはたいへん有意義なものではないかと思います。ついでに、各種血液検査もしてくれるわけですし。

冬には献血者が減るという話を思い出したので、メモしておきました。

献血に関して、外国の動画を紹介したのを思い出しました。

【リンク】

日本国内では人口減少傾向だけれども、地球的には人口増加が著しい。臓器や血液を売って生き延びているヒトもいるようだけれども、だんだんそのような社会になってゆくのだろうか。

.