ピアノを棄てるということ

2012年07月30日 公開

ピアノって高価な楽器だ。でも誰も弾かなくなるとそれは邪魔な塊でしかなくなる。

たとえば、ニッポンにおいて子供のためとかで頑張ってピアノを購入したりするのだが、それも数年で飽きられてしまい、誰も弾かない、お土産品等を飾る棚になってしまう。しかもかなり高価な。

そのままピアノの一生が超高級飾り棚でもいいが、いよいよ邪魔になると捨てようとするヒトが少なくない。せめて誰かに引き取ってもらえばいいのに。しかし、飼い犬でも飼い猫でも、邪魔になれば捨てて今すぐスッキリしたい現代。

ピアノ廃棄

ピアノを自力で「処分」しようとするヒトたち

以前、ピアノ販売会社の社長から聞いた話だが、ピアノを処分するために、自力で破壊するヒトが結構いるそうだ。たしかに、外面は木製なので、ハンマーや鋸、丸鋸、チェーンソウなんかがあれば簡単に壊せて、燃やして処分できるような気分になる。

たしかに、よく壊れます。

でも、壊してみてから気づくのは、中のフレームはなかなか破壊できないということ。

グランドピアノにしてもアップライトピアノにしても、強いピアノ線を強いテンションで引き止めておくフレームが入っているのです。そしてそのフレームに辿り着いても壊れないし、燃えないし、どうしようもなくなるのです。そこで、せめて後悔でもしてくれればまだよいのだけれど。

外国でも、ピアノを捨てちゃう資本主義

Steinway(スタインウェイ)の年代物だよ! とか言えば思いとどまってくれるのだろうか。とくにニッポン人とア〆リ力人は、そのモノに金銭的価値があると思い込めば、とても大事にするものなのだが。せめて、中古ピアノをささっと査定してくれる組織があれば、まだ状況は違うだろうか?

ホルンでサーフィンとかしてた楽団出身者が言うべきセリフじゃないかもしれないけど。

ピアノを欲しがっているヒトは、意外にいるもんです

学校や郵便局などでは、缶飲料のプルタブを集めて車椅子を寄付しようとせっせと集めているようです。阿呆だ。愚の骨頂だ。どこで車椅子が足りないのか誰も明らかにしません。

現代はネットの時代となりましたので、ピアノを譲ります! と言えば、欲しがるヒト・団体はあると思います。思い当たらなければ、近所のピアノ販売店や楽器店に打診してみるとよいでしょう。老人ホームや公民館に麗々しく寄贈するとかどうですか? ピアノなんてそう簡単に廃棄しないので、未来永劫に「寄贈者」として名を残すチャンスですよ!

靴やランドセルは寄付したがるくせに、ピアノは寄付しないで捨てちゃうって、どうかしてると思います。

犬やネコは処分しないよう頑張る団体や個人が存在するようですが、ピアノに関してはそういうの無いんですかね。

【関連ありそうなリンク】

なんだよ、探せばいろいろあるじゃん。ピアノ屋に相談するより捨てちゃえっていうことかー……。
ε=(ノ_ _)ノ

.