あけましておめでとうございます

2014年01月01日 公開

あけましておめでとうにございます

旧年中はご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

本年も ますますの世界平和&健やかな地球とともに、みなさま一層のご発展の一年となりますよう 祈念申しあげます。また、本年もご愛顧くださいますようお願いいたします。

群馬はその名に「馬」が含まれるため、グンマーではキャラクターには馬が起用されることが多いように感じます。では、思いつく限りだけですが、代表的な群馬の馬キャラを紹介しましょう。

ぐんまちゃん

ぐんまちゃん群馬といえば、お馴染み「ぐんまちゃん」。

青森県生まれの漫画家 馬場のぼるさんが描いたものです。当時はまだキャラクターが県広報を担うなんていう社会的役割も薄く、2ポーズのみの使用が許可されていたということです。

すでに故人のためか、その約束を変更することができなかったのか面倒だったのか、そのままになっているようです。

1983年のあかぎ国体のPRのために登場したので、玄関に旗を掲げる金具と共に各戸(?)にステッカーも配布されたようです。旗を掲げる金具ってのもすごいですよね。いまだに玄関等に残った金具が麗々しいです。

現在でも馬事公苑の入口サイン等に常設表示されていますが、なかなか会えない隠れキャラになっています。

ゆうまちゃん

みんなが知っているぐんまちゃんは、1994年ゆうあいピックのキャラクターとして登板し、2008年に東銀座駅前「ぐんまちゃん家」オープンに合わせて2代目ぐんまちゃんを襲名しました。施設名が「ゆうまちゃん家」でもよかったのに、と思うのだけど、どうしても「ぐんま」を入れたかったようです。群馬の知名度の低さがどこまでも後ろ向きな発想になりがちです。

初代と同居、という設定のはずなのに、初代に会えることはまずないとお考えください。まあ、突っ込まれた時のためになにがしかの用意はあるんじゃないかと思いますけど。

ゆうまちゃん

改名のおかげとは関係ないと思いますが、全国知名度も徐々に向上してきているようですね。

県職員が書いたもので、著作権者が群馬県となりましたが、相変わらず同じヒトが描いているそうです。よく「職員が描いたから著作権がない」と言われがちですが、著作権ってそういうものではありません。顔洗って出直してこい。

【リンク】群馬県庁(企画課)

上州くん・みやまちゃん

群馬県警キャラには、面長の2人。

上州くん みやまちゃん

性別のある別々のキャラにすると、運営がややややこしくなるようにも思いますが、固い怖い警察にゆるく存在するキャラは、意外に必要なんじゃないかなと思うのです。でも、会うとデカいんだ、この子たち。

【リンク】群馬県警察本部

球馬・雷馬

球馬 雷馬

プロ野球BCリーグ 群馬ダイヤモンドペガサスのPRキャラクター。チーム名も、活躍も、この子たちの名前も、いや存在すらよく知られていないのが現実です。実際に会ったことがある県民はごく限られているのではないかと思います。

今年は12年に1度の午年なので、呼ばれなくても出かけて行くPR力を発揮することを期待します。

グンマー県立高校の文化祭で見かけたことありますよ。雨降りの日でたいへんそうでした。

【リンク】群馬ダイヤモンドペガサス

それほどたくさんいるわけではないようですが、午年にぐんまフィーチャーせずにいつするの!(今ょ)

初代ぐんまちゃん・上州くん・みやまちゃんはいろいろ面倒そうですが、2代目ぐんまちゃん(ゆうまちゃん)と球馬・雷馬は、頼めばイベントにも呼べますので、管理者にお尋ねください。

2代目ぐんまちゃんは群馬県内外のいろんなイベントに出て来ますよね。手続き等はそんなにたいへんじゃないので、みんなで呼んでやってください。

【リンク】群馬県庁(県民生活課)

.