外出先からPC-FAX.com

2014年11月17日 公開

フォトPではFAXを使い続けています。知人の事務所では、もうFAXやめましたとか強気な姿勢です。しかし取引先の一部の方は「だってメールとかわかんないし」とおっしゃいますし、それより何より御百貨店様がいまだにFAXに御こだわりの御様子なのです。

FAX

まあ御百貨店様にメールすることが許されたとしても、部署宛一括のようなので、いつになったら御担当殿に開いていただけることやらわからないのはFAXと一緒です。

携帯電話通信網からはFAX不可能

なぜこんなデジタル時代なのに、スマホ用FAXアプリとか出てこないのかと不審に思っていましたが、どうやらデジタル通信の影響なんだそうです。FAXはみなし音声「ぴーぎゃぎゃぎゃ」で送信しています。だからケータイ通信網でもいいだろうと思うわけですが、デジタル通信の音声圧縮技術にかかると、あのFAX音声信号「ぴーぎゃぎゃぎゃ」は圧縮されすぎて、FAX通信としてはダメだという話なのです。

【リンク】人力検索はてな予備

そうなると、もう何らかの変換サービスを経由しなければならないことが決定的なわけです。これが、毎月何百枚とか送るような場合ならば契約して固定費も毎月お支払いしますが、外出先からFAX送信しなければならない場面というのはそうそうあるわけではないのです。

いくつもあるFAX送信サービスから PC-FAX.com

ちょいと検索すれば、どれを選んだらよいのかわからないくらいたくさんのサービスがあります。ですので、ほんの数枚だけなるべく安価に送信するという目的において、固定費と送信費用の安いものを探してみました。

以前は、hello fax も覗いてみたことがありますが、5枚までは無料、それ以上は有料のサービスです。面白いので使ってみましたが、実用とテストで2枚送信してしまいましたので、無料範囲はあと3枚です。便利は便利なので、必要ならば費用を支払おうと思っておりますが、違うサービスも発見してしまったので、このたびお知らせしようとしたわけです。

pc-fax.comその名も「PC-FAX.com」。

外国語アレルギーの方は開いた瞬間終了しているかとは思いますが、たいしたことは書かれていないので大丈夫です。

app_store.png google_play.png

外出先から送信したいという欲求で探し出したものなので、フォトPとしてはスマホとかタブレットとか、モバイル端末から使うという前提で利用します。

この PC-FAX.com は、1日1枚無料。つまり、明日になるとまた1枚送信できるというわけです。もどかしいとは思いますが、有料プランもちゃんと用意されています。アプリ内から購入できます。

PC-FAX 有料価格

とくに利用期限について言及がないようですので、50枚送信できるプランが1200円、50枚を超えたらまた再申し込み、ということでよいのではないかと思われます。

ドイツから送られてきます

ここがひっかかりになる企業があるかもしれません。ドイツのサービスというからみで、「49」で始まる電話番号からかかってきます。なので指定受信を設定しているFAX機があるとすれば、受信してもらえない可能性が高くなります。

PC-FAX.com の送信番号

FAXを多く利用している企業のオフィスをチラリと見ると、たいていのオフィスではspam広告もガンガン受信しているようですからあまり気にかけなくてもいいかもしれませんが、送られているのに受信できていないという時は、そのような理由も考えられますので注意が必要かもしれません。

ヘッダーは設定できる

電話番号通知とは別に、FAX各ページの先頭に記されるヘッダ情報は自由に設定可能です。

FAX受信ヘッダ

しかし、タイムスタンプは日本-8時間、ドイツ標準時になってしまいます。また、ドイツはサマータイムのある国ですから、3月最終日曜日から10月最終日曜日までは日本との時差は7時間となります。

写真、文書、テキストが送れます

あらかじめ用意された写真や文書をそのまま送信することができる他、メールを送るような感覚でテキストを打ち込んで送信できます。

なかなか小さい文字でシンプルですね。相手によっては小さくて読めないと苦情の対象になりそうな予感がありますので、できればちゃんと整形した文書をPDF化して送信するとよさそうです。

送信リストには次回予告も

いつ誰に送信したかというリストは表示できますが、そこに、次回無料で送信できるタイミングがカウントダウンしていきます。

PC-FAX.com 時間無料送信できるタイミング表示

右2桁がカウントダウンしていく様子から推察するに、この画面では15時間42分31秒後に無料でまた1枚送信できますよ、ということなんだと思います。

ちなみに、この画面でそれぞれの送信先をタップすると、何を送ったのか再確認できます。テキスト送信した場合は、再送信もできますし、再編集して送信することも可能です。そのテキストファイルをメールに添付することもできます。何に使うんだそれ。メールでいいなら初めからメール送信するんだけどな。

いや、でも、同報送信先がFAXだったりメールだったりということもありますからね。あって困る機能ではないですね!

app_store.png google_play.png

受信は、FAXプリンタ複合機でメールに転送

ついでですが、フォトPではFAX受信はメール転送しています。FAXプリンタ複合機では、FAXの送受信ができる機種はけっこうたくさん用意されています。そしてLAN接続とかクラウド接続とかいろいろ多機能です。

しかし、受信したFAXをメール転送できる機種は数少ないです。

そのくらいFAXのプライオリティが低下しているということなのではないかと思いつつ、受信FAXをメール転送できるなら、FAX複合機宛にメール送信したらFAX送信しといてよね! と、身勝手なことを考えています。でもそれって便利だと思いませんか?

  

しかし現実は厳しく、受信FAXをメール転送する機能は、いくつかのブランドの最高位機種にしか設定されていません。

.